伊達鶏工場見学

2018/08/21

こんにちは

告知しておりました通り、当店は今月12日から5日間、夏休みをいただいておりました。有難いことにお休み中も何件かお問い合わせをいただきまして、お電話くださった方々には大変ご迷惑をおかけいたしました。先週末からまた通常通り営業再開しておりますので、引き続き今後ともよろしくお願いいたします。

さて、5日間の夏休み中の出来事ですが、まずちょうど前回のブログでも少し触れた「伊達鶏」のことを皆さん覚えておりますでしょうか。

伊達鶏は当店で取り扱っている肉の中でも一押しで、東北のブランド鶏の一つです。独特のやわらかな歯ごたえと、ジューシーな肉からはコクと旨味をしっかりと感じられる品種です。

当店の店長は今回この夏休み中、その伊達鶏を生産している「伊達物産」の方々にご協力いただき、福島県の相馬市にある副霊山工場に見学へ行ってまいりました。写真はその時のものです。

写真で抱かせてもらった伊達鶏は当店でも仕入れている【雄】の鶏で、3.5キロとかなりの大きさがあります。およそ70日の生涯で、この写真の鶏も撮影時の翌日には出荷されてしまうとのこと。鶏の体温は40度もありとても温かく、ずっしりとした重さからは生き物の命を頂いている重みまでしっかりと感じられた、との事でした。

今回お世話になった副霊山工場は、なんとあのフライドチキンで世界的にも有名なKFCの生産認定工場でもあります。鶏の飼育から処理までの全過程を現場の声とともに見学できたことは、鶏の生涯と私たち人間が食材としていただくまでの命の軌跡を肌で感じる体験となったそうです。

短い生涯を人の中で走り抜ける伊達鶏と、その生産工場の方々への感謝を忘れず、その味や魅力を焼鳥を通して少しでも皆さんに伝われば幸いです。本日も皆様のご来店を心よりお待ちしております。

三の酉